FC2ブログ

スポンサーサイト

--/--/-- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

岡山*風俗*デリヘル*デリバリーヘルス『スペース・ガールズ』

2009/06/28 02:23



BLOGを閲覧中の殿方・姫君w





ごきげんよう(・ω・)


今日の記事は久々に書きますよ!!






え?



接客話?





ううんw

違うよ(・ω・)?









普通の話w




てかてかw


前々回の続き(・∈・)ピヨピヨ




見てない人はここをポチッ





まぁまぁ~長いんですw




長くて目も疲れるしw


それでも結構大事なこと書いてますのでw



お時間があれば、目を通してくださいね(・ω・)



それではです


引き続きなのでw

菌感染症----------------
特徴として
淋菌感染症は、男性に多い性感染症で、女性は症状が出にくいといわれている。
また近年は淋菌ののどへの感染も増えています。

潜伏期間
淋菌感染症は、発症するまで感染後2~7日間

原因として
淋菌感染症は、性交により感染、自覚症状が現れない場合も多く、知らないうちに感染し、知らないうちに他の人に感染させることも・・・。
最近ではフェラチオによる咽喉への淋菌感染や咽喉からの淋菌感染が増加しています。

男性の症状として
淋菌感染症の男性の症状は、排尿時尿道に激しい痛みがあります。
尿道からはやや黄色かかった白色の粘り気のあるうみが分泌します。
精巣上体(精巣の上部から裏側の部分)が腫れ激しい痛みがあり、発熱をともなう場合があります。淋菌感染症は、放置しておくと不妊の原因になります。

女性の症状として
女性の場合 淋菌感染症は症状がほとんど出ないケースが多いです。
初期症状はおりものの増加からはじまり、進行すると発熱、下腹部の痛みが出てきます。
淋菌感染症を放置しておくと症状が無くても感染症は進行し不妊症の原因になります。
分娩時に母子感染すると新生児結膜炎になることもあります。

淋菌感染症の治療として
淋菌に効果のある抗生剤の注射を数日間行います。


引き続き!!
---------------

特徴として
梅毒は、古くからある性感染症(性病)で感染力も高く、ひと昔前までは非常に怖い性感染症(性病)でしたが、今では早期治療すれば完治でき、その感染者数も減少し全性感染者数の1%以下と減っています。

原因として
梅毒の感染原因は、トレポネーマ・パリズムという病原菌が性交時皮膚や粘膜の小さな傷がら侵入し血液中に入って全身に広がる。
感染力はかなり強い。
また今では治療が進んでいるのであまりみられなくなったが母体から胎児への母子感染もある。

梅毒症状の進行
梅毒はその進行によって第一期から第四期までに分類されます。

第一期梅毒(感染して約3週間後)
・・・男性はペニスに女性は外陰に小豆大のしこりができ、その後 しこりの中心部が硬く盛り上がる。
太ももの付け根部分のリンパ節がはれる(痛みはともなわない)。
これらの症状は、放置しておくと2~3週間で消えるが、梅毒はひそかに進行していきます。

第二期梅毒(感染して約3ヶ月後)
・・・病原菌が血液に入り、全身にひろがると全身症状が始まります。
リンパ節の腫れ、発熱、頭痛とともに顔や手足に赤ピンク色の円形のあざができ次第に小豆大で、赤茶色の盛り上がったブツブツが現れる。
かゆみはない。
脱毛症状をともなうこともある。
これらの症状は何度か発症と消滅を繰り返し約3年続きます。
無症状が続くこともあります。

第三期梅毒(感染して約3年後)
・・・ゴム腫とよばれる大きめのしこりが皮下組織にできる。

第四期梅毒(末期症状)
・・・感染から10年ぐらい過ぎると心臓、中枢神経、内蔵なども冒され重い症状が出てきます。

治療として
梅毒の治療は、抗生物質(ペニシリン)を2~8週間服用。









…やっぱ長いですねw



続きが気になる方は、こちらをポチッ



そんでもってw


自分の症状が少しでも気になる方!!

男性は→コチラ♂
女性は→コチラ♀

 ↑チェックできます!!


一度やってみてくださいねw



それでは皆様w





また次回記事でお会いしましょーうw






ゆずサンでしたー!!


(´・Α・)ノシシ



Comment Post

Name:
Subject:
Mail:
URL:

Pass:
Secret:管理者にだけ表示を許可する

Trackback

Trackback URL:
 Home 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。